記事一覧

映像教材があるかどうか

電卓

公認会計士は難関資格の一つなので、通信制での勉強は苦労するかもしれません。テキストだけの教材よりも、映像共済を用意しているところを選びましょう。教室で授業を受けている感覚で受けられ、好きな時間に学ぶことができます。

詳しく見る

資格試験の勉強について

男性

通信制の専門学校に通うメリットは、仕事や子育てなどで忙しい人でも気軽に通える点が挙げられます。通信制の専門学校は、社会人の比率が高い傾向があるために、目的意識がしっかりとした学生が多い点がメリットです。

詳しく見る

国家試験に合格するために

グラフ

公認会計士に合格すると安定した高収入を得ることが可能です。また公認会計士は、大企業の会計面の監査を担当するために、高い事務処理能力が必要です。そのため普段の勉強でも、迅速に、正確に問題を解く姿勢が大切です。

詳しく見る

通学せずに学ぶ

ウーマン

通学というカリキュラムが、取得の条件ではない資格ならば、通信講座を利用して取得することもできます。いろいろな通信講座を専門学校が提供してくれるので、自身が取りたいものがサポートされていないか確かめてみましょう。

詳しく見る

受験前によく考えて

電卓とペン

公認会計士は難関資格として知られており、必要な勉強時間は3000〜4500時間ともいわれています。ハイリスクハイリターンなので、本当になりたいのかをまず真剣に考えましょう。そのうえで目指すのならば、予備校に通いつつ勉強するのがおすすめです。

詳しく見る

実習を自宅でできる仕組み

勉強道具

通学せずに学べる

学校での学び方として、通学をして学ぶ方法と通信教育を利用する方法があります。高校や大学などでもどちらでも学べる環境があり、どちらであっても卒業資格などを取得できます。差としては日常的な通学があるかないかでしょうが、実際に学べる内容はそれなりに違ってきます。実は専門学校学校でもどちらかを選べるケースがあります。ただ専門学校は実習をメインにしている学校もあり、それを通信で学ぶには少し問題があると考えるかもしれません。美容師の専門学校には通信制で学べるところがあります。確かに通学制に比べると実習は少なくなりますが、土日などを中心にスクーリングが実施されていて、自分の都合に合わせて実習が受けられるようになります。美容師の国家試験は実技もありますが筆記試験もあります。自宅での勉強は筆記試験対応が中心になるでしょう。国家資格を取得するようなコースであれば、スクーリングがどうやって行われるのかをかを調べた方がいいかもしれません。一方で、通信の専門学校の中にはほとんど通学をしなくていいところもあります。それはネットなどで授業が配信されていて通学と同じレベルの授業が行われているからです。コンピュータを使って実習を行うのであれば、自宅にパソコンがあれば実習ができます。課題の提出などはインターネットを通じて行えばいいので、わざわざ学校に行く必要はありません。ネット上であっても先生への質問などはそれなりにできるので、通学と変わりなく勉強ができます。また、保育士を目指すのであれば専門の大学に進学すると良いでしょう。保育士を目指す人向けの大学では、保育の心理学を学ぶことができる他にも技術や表現力、幼児音楽など保育士として働く上で大切なことを学んでいくことができます。